オレンジスペーサー
ギャラリーDM
  Michiko*の福を寄せるフレーム&曼荼羅原画展「お福よせ」
日時:2016/11/28(月)〜30(水)
オレンジスペーサー

 曼荼羅とはサンスクリットのマンダラmandalaの音訳で,〈曼陀羅〉とも記し、壇,道場,円輪具足,聚集(しゅうじゅう)などと訳され、本来の意味は仏の本質ですが,日本・中国では仏・菩薩が集まり充満しているさまを図示した形像(ぎょうぞう)曼荼羅をさして言うそうです。
 その曼荼羅をボールペンの点と線で表現し自作のフレームに納め、心癒すアート作品を生みだした中澤道子氏の展示会です。オリジナルフレームに納められた彩り鮮やかで、でも落ち着きある曼荼羅原画は見る人それぞれに何かを感じさせてくれる作品が、ギャラリーを気持ちのいい落ち着いた癒やしの空間にしてくれました。

閉じる
 
作家プロフィール
中澤道子(なかざわみちこ)

1950年2月22日 東京東日本橋生まれ 獨協大学外国語学部フランス語学科卒
1978年 故三村寛子氏に瞑想師事
2000年〜2002年 フラワーエッセンスに出会い、心理療法を学ぶ。心理療法家として活動を始める。
2005年〜2006年パステルアートに出会い、パステルアーティストとして活動。
2008年 パステル和アート合同展を開催
2012年 パステルアートと写真の二人展
2013年より6人展を開催(六華女展)
2014年より織葉氏に曼荼羅アート師事
2015年 息子と二人展
2016年 曼荼羅アート初原画展個展開催
2016年 額縁制作を始める
そして 2016年11月 額縁&曼荼羅原画展「お福よせ」開催。
 
オレンジスペーサー
 
ギャラリーレポートフォト
 
奥に椅子とテーブルも組み合わせた展示です。
ギャラリーレポートフォト
 
手に取る間隔で見られるのは、家のインテリア感覚で嬉しいですね。
ギャラリーレポートフォト
 
繊細な模様がよくご覧きただけます。
ギャラリーレポートフォト
 
フレームもとても色使いや質感がすてきでそれだけで楽しくなります。
ギャラリーレポートフォト
 
ギャラリーの壁の広さをうまく使ってくださいました。
ギャラリーレポートフォト
 
この彩りと緻密さ、そしてフレームの厳かな雰囲気が不思議な世界を感じさせます。
ギャラリーレポートフォト
 

小さい物はデザインインテリアとしてもとても魅力的です。

ギャラリーレポートフォト
 
曼荼羅原画といっても彩りやパターン、フレームによって今風の素敵な飾りにもなります。
ギャラリーレポートフォト
 
荘厳な奥の深さを感じます。まさに曼荼羅原画ですね。
ギャラリーレポートフォト
 
落ち着いた深い世界を感じます。
ギャラリーレポートフォト
 
いろいろなパターンと色、フレーム、それぞれの魅力を感じます。
ギャラリーレポートフォト
 
これら全てがボールペンで表現されているのに驚きます。
ギャラリーレポートフォト
 
こうした作品もフレームと併せて制作してるからこそですね。
ギャラリーレポートフォト
 
作者の中澤道子(なかざわみちこ)さんの作品への思いと姿勢も、また作品の魅力を増しています。
   
 
オレンジスペーサー
←[Gallery report]トップへ戻る。